FC2ブログ
紅と蒼<ブログ> バトルライン
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10

バトルライン・アルティマニア

カテゴリ: バトルライン

コンプリート


友人やらいろいろな方々を巻き込んで勲章コンプまでたどり着きました。
ご協力いただいた皆様に、この場を借りて
改めて感謝と謝罪の言葉を贈らせていただきます。
本当に申し訳ありませんでした&ありがとうございました。

今時1からここまでやる人は他に居ないでしょう(居たらごめんなさい)
私はどちらかと言えばコンクエストのほうがプレイ時間が長かったため、
こっちのバトルラインは忘れてることなんかが多かったです。
そのため、新鮮な気持ちで楽しんでました。いやー、楽しかった。


あとやれることと言えば、称号「超絶大富豪」の購入くらいだけど、
あれやろうと思ったらギャンブルモードで勝ちまくらなきゃなんだよね。
ぼかぁネル・ファーストちゃんが入ったデッキが入ったデッキが使いたいので、
そこまではやらないと思う。たぶん。

続きからプレイ中に撮ったスクショのあれやこれや。


ムーンプラチナ勲章とったよ。

カテゴリ: バトルライン
ムーンプラチナ勲章とったよ

ムーンプラチナ勲章欲しさに、
ひたすら「ミッションモードで5ターン制圧」をやってました。

これやるにあたってデッキに入れるのはフォスタが相応しいんでしょうけど、
私はフォスタのスキルを勘違いしていたため、代わりに(?)ゼリグを入れてました。
(中立地帯にいるユニットを空いてる中立地帯に運ぶ能力だと思っていた)


ゼリグにはアンブッシュあるときは道を空けてもらって、
突貫するときは逆にユニットを前に持ってきてもらってました。
騎兵とダイヤーさん、たまにバルザックを入れたりしてやってたんですが、
ギアとゼリグが一番貢献してくれたと思います。
効率的には良くないと思うから、真似しないでね(誰もしない

ありがとう。これやるまでギアさんのこと
「決め手に欠けるから、この人正直ちょっと使いにくいんだよな」とか思ってたんだわ。
ごめんな。

ギャンブルモードでさ

カテゴリ: バトルライン
ギャンブル成功


旧バトルラインのギャンブルモードで
5連勝を果たしたので、拍手ください。(直球)


ちなみに選んだ順番は
中立の覇者(5)→稲妻の進軍(3)→スロヴィアエリール(2)
→女神の誘い(4)→ライバル(1) でやりました。
(※カッコ内はページ数)

個人的にページ内で一番簡単だと思ったやつ、
かつミスが怖いものからやってます。


突然のバトルラインブーム

カテゴリ: バトルライン
ばとらん

今更すぎるけど、ネル・ファーストちゃんを初入手した記念に描きました。
ちなみに登場人物は、現在デッキに入れてる英雄たちです。
初入手というのは意外でしょうか。
単純にくじで引けなかったり、データ飛んだり、データ飛んだり、
データ飛んだりしてたからだと思います。
(※過去5回くらいは飛んでると思う。)

そんなわけで今回、せっかく(?)はじめからなので、
ギアとネルを引くまで帰れま10なリセマラをして始めました。
英雄枠はギア・ネル・オパール・テジロフ・ピリカの構成で
ミッションモードをハードまでクリア。
で、ネル・ファーストちゃん入手。(←イマココ)って感じ。


手持ちのオルスやクリスタル様で確認したんだけど、
同一人物は同時にデッキに入れることはできないんだね~。
でも、ネルとネル・ファーストは同時に入れられるってことは、
完全に別個体ってことなんだー。ふ~ん…。
でも、プレイ中だとファーストちゃんも
「■■■ネル■■■」って表記されてるんだよね。
じゃあ、やっぱり「ネル」って扱いなんだ~。ほーん…。
一体何者なんだろうね、彼女。

せっかくファーストちゃんを入手したので、
私の最終目標は、
「ネル・ファーストの能力でネルをドローした上で、
ネルの能力でギアをドローすること」です。
この記事を読んだ人は、今すぐ実践するか、
「(確率的に)無理に決まってんだろバーカwwwww」と言ってください。


っていうか、誰か対戦しよーぜ!対戦!
…え?バトルラインは現在、バトルネットが利用できない…?バカな!


コンクエ対戦記

カテゴリ: バトルライン
どうもこんにちは。
先日、フォロワーさんとコンクエで対戦するという貴重な体験をしました。奈倉です。

対戦させていただいたのは、ゼクトンさんという方です。
カードゲームの経験がほぼ無いに等しい私と違って、
ゼクトンさんは遊戯王やVGを嗜んでいるようで…。
うーん。経験の差がモロに出ていてお恥ずかしい。


私がなかなか準備できなかったり、コンクエのデータ吹っ飛んだり(マジ)と
いろいろご迷惑をかけて申し訳ないなあ、と思いつつ…。
……本当に対戦ありがとうございました。



今回の対戦で奈倉が学んだこと。